カテゴリ:それが女の「鱸SHIBAKI道」( 4 )

GTへの道〜特訓編〜

f0154189_11131878.jpg

昨日のおさんぽシーバスはおさんぽなんて暢気な事を言ってる場合ではなくなっちゃった位…
ハード、かつシビアかつ、ビターというよりむしろ…

身も凍る…とか…。
精魂尽き果てる…とか…。

そういった表現のほうがしっくりくるな、多分。

ってことで、まぁ、簡単にいうと、新木場〜東京灯標〜中央防波堤〜またまた上げ潮狙いで新木場と…おさんぽ丸(双胴船)で走り回れる限り走り回って、鱸はおろかボラボラいぇい!にまで遭遇できなかったといふ…。

なんか、シーバスはまだ神奈川県民みたいで、都民ぢゃないみたいよ。

でも、アタシには裏の目的があったからまだ良かった。

嫌々連れ出されたみんなには超ごめんだけども…(^_^;)

そう。

あのお道具で100gとかのポッパーとかを大海原に向かってブン投げたかったんですな\(^ー^)/


しかぁし!アタシほどのキャスト下手が、あんなお道具を使っていいのだろうかね?


それにしてもすんごいのね、100gポッパーフルキャスト(アタシなりの)って!


ちょっとリリースのタイミングが狂うと、アタシごと海にブン投げられそうになった。

もう、あれは凶器。

しかもアタシが持ってるこの状況は、まさに○○ガイに刃物意外の何者でもない。

腕で投げようとしても飛ばないから、もう全身を使って投げる。

もはや格闘系スポーツ。

でもまぁ、何度か投げてるうちに少しずつ飛ぶようになってきて、60m位までは飛ぶようになった。

コンスタントにそんぐらい飛ばせるようにならなきゃ。

まだまだ特訓は続くのだな…。

ところで、話を鱸探しに戻す。

東京湾奥の穴という穴を打ちまくったら、レンジバイブ割れた…(下手だからともいふ)。

ミノーも一個、橋脚の錆に引っかけて奉納してきた。

つれないどころか奉納までしてきたよ…。

はぁ〜爆釣したいなぁ。
[PR]
by mahimahi55 | 2011-02-11 11:13 | それが女の「鱸SHIBAKI道」

おさんぽシーバス

f0154189_920746.jpg

今日は久々遊びでおさんぽシーバス♪

しかし、地獄のキャスト練習が待っているのだ。
[PR]
by mahimahi55 | 2011-02-08 09:20 | それが女の「鱸SHIBAKI道」

練習用ぽっぱ君壱号

f0154189_832649.jpg

[PR]
by mahimahi55 | 2011-01-23 08:32 | それが女の「鱸SHIBAKI道」

いよいよ鱸シバき道スタート

f0154189_13175244.jpg

f0154189_13175278.jpg

アタシにはいわゆるひとつの野望がございまして…。

まぁ、あまりの壮大な野望(所詮釣り関連だけど)なもんで、まずは鱸シバきがその第一歩なのでございます。

昨日はおさんぽ丸の引っ張り同好会(※さわ浦せんちょとクロちゃん)にのせてもらって、早朝から湾奥散歩。

おさんぽ丸は双船だから目線が低くて、水面を滑るように走るから、釣り船とはちがうボート感覚で楽しい。

夜明け前からホットワインやら飲んでさ。

隅田川を滑りながらみる佃のリバーシティはホントに良くできた構図で奇麗で好き。

この景色を観ながら、アタシは10数年水彩都市江東に住んでんだよなぁ。

話は逸れるけれど、江東区に住まなきゃこんなに海釣りしてないだろうし、釣りを続けていたかどうかもわかんない。

人生なんて、こんな小さな事に導かれるようにして流れていくんだろうな、なんて、柄にもなく悟ったような事を言ってみた。

さて、辰巳の水門あたり。

ボカボカとボイルがあって、鳥もさし気味なんを見つけて…

夜明け頃のオレンジ色の空の中ルアーを投げてみる。

三人三様に適当にルアーチョイスしてさ。

クロちゃんもせんちょもボコボコ掛けちゃ、足下まで引っ張ってきてリリース。

アタシは2人ほどではないけど程なく入れ掛かり。

足下で8の字書くと下からわき上がるようにセイゴやらフッコがわらわら。

釣りって面白いよなぁって、改めて思ったりして。

その後、ひっぱり道具を下げて浦安〜船橋を目指すも、南西の強風がどばーっと吹いてきて撤収。

アタシは生ハムやらトルティーヤチップスやらを食べてただけになっちゃったけど。

強風の中、ゆる〜い感じで遊んできました。

最近、ゆるい釣りブーム到来中。

ごく、個人的に。
[PR]
by mahimahi55 | 2010-11-10 13:17 | それが女の「スズキSHIBAKI道」