<   2008年 01月 ( 36 )   > この月の画像一覧

徹子の釣行記UP

http://www.aws-fish.com/html/web-toku/web-toku82.html

黒徹子氏が先日の太刀魚(さわらもちょっと)釣行を上記サイトにUP
してくれました。

ただバカ話をしていただけなのに、ちゃんとレポートをかけるところは流石でございます。
こっそり考えていたんですね?甘辛イカ食べながら。

ただバカ話していただけなんですけどね、写真、背筋痛そうだしね、笑。

お疲れ様でした~。

f0154189_192620100.jpg

[PR]
by mahimahi55 | 2008-01-31 19:26 | お気楽?LTジギング

2008年1月31日 タイノエ最後の日

タイノエ生活も今日でおしまい。
でも、アタシはタイノエが好きだから、今後もタイノエって言い続けることにした。

そして2008年1月31日

運が悪いことに空から黄色い悪魔が降ってきた。

花粉だ・・・。

間違いない


なんだか唇がてっかてかだ。
[PR]
by mahimahi55 | 2008-01-31 18:07 | 悩めるタイノエ

人生の目標ってありますか?

アタシはGT釣りたいって思っていました。

下手糞だけど練習して。

でも、もう無理かもしれないです。

GT釣りたいよなぁ。釣りたかったなぁ。
でも、どうせ釣れないんだろうなぁ。

1種類でもおおいお魚に会いたかったなぁ。

GT、釣りたかったなぁ。
[PR]
by mahimahi55 | 2008-01-29 20:37 | 悩めるタイノエ

2月1日から

いよいよ社会復帰。

腐って不細工なアタシが復帰できるんでしょうかねぃ。

お魚も釣れないし、食欲もないし、病院からもらった薬で薬漬けだし。

景気づけになんかいいこと、一個ぐらいないかな。
[PR]
by mahimahi55 | 2008-01-29 12:34 | 悩めるタイノエ

最近

自分の釣りの下手さ加減に辟易中です。

もともと下手の横好きというか、子供の頃から釣りしかしたときなかったから
他知らなかったからやってますし、今後もやめられないと思いますが。

でも、下手すぎ。

少し考え中です。釣りについて。
[PR]
by mahimahi55 | 2008-01-28 15:28 | 悩めるタイノエ

うんとぉ~。楽しかったです。

昨日は北風ビュービューに吹いていたのもおさまり、
6時にコウトウクを出発、とにかく寒かったので、お道具をキャビンに持ち込み、
ラインをガイドに通したり、リーダーをつけたりしていた。

残念ながら、できゃさまご夫妻は体調不調でいらっしゃれなかったのだが、
風がびょーびょーだったおかげで?Makoっちゃんが急遽参加してくれたので、
行きのキャビンはさながらノット教室。アタシも覚えようっと。

1時間ちょっとでポイントに着く。

今日はサワラからスタート。

サワラ。魚へんに春。一度食べた人ならトリツカレちゃう程の美味しい魚。
しかも、湾内のサワラはまた格別(らしい)。

前日から気合い入りまくりで、シルバー系のホロッホロの100gのジグからスタート。

今回はジグで迷いたくなかったので、男の1本勝負をかけて挑む。

昨日の湾口はやったら鳥が鳥が多かったので、期待も膨らむ。

そうこうしているうちに、徹子(男性)が何かをヒット!
残念ながら本命ぢゃなかったけど、徹子大喜びのホウボウをGET

アタシはそれから少しして、本命をフッキングさせた。
やっぱ、シルバー信じてて良かった!

ガンガンに走るし、引くし。直前にドラグちょいと緩めといて良かった!って引き。
これはでかいかもよ(もしくは掛かりどころ悪いかもよぉぉ)!
アタシのロッドは柔らかいからまた曲がりが派手、笑。
出てきたよ~β-エンドロフィン。

船内でも連続で本命と思われるアタリが!

アタシも60m前後で掛けて、残り10m切るところまできた。
「もらったっ」と、思った瞬間にまさかのバラし。

正直言って意気消沈。狙って掛けた魚をばらした時ほど落ち込むことはない。
しっかりフッキングさせたつもりでも、サワラの口は堅いからちゃんと貫通していなかったのか
もしかしたら、ボディに掛かって直前で身切れか。

ま、どっちでもいいけど。バレタ魚は大きい。

しばしの放心状態。

放心状態。

放心状態。

放心状態。

放心状態。

そんななか釣りしてたら、大事なヒットジグを根掛かりさせ、メインラインも60mロスト。

更なる放心状態。

放心状態。

放心状態。

あ~。そしてサワラ終了。タチのポイントに移動。

餌の船団でも、あんまりお魚があがっている雰囲気はない。

しかし、最初の流しからガンガンにジグにアタックしてくる。
今日はジグがいいのか?周りが餌船ばっかりだからスレてないのか?

船中で良型が何本もあがる。

アタシとMakoっちゃんもダブルでヒット。(徹子3分遅れでヒット!惜しい)
f0154189_1212874.jpg

↑写真はなんかみきれちゃってるけど^^;(さわ浦船長ブログより拝借)

そんな感じでフィーバータイム終了までがんばって、、、今度はシャケ狩りへ移動。

途中ベイトの反応にあわせてジグを落としつつ中の瀬のほうまで移動。

流石!湾奥の浸かり好きMako殿はサクサクお釣りになられる。
移動を何回か繰り返し、Mako殿のご指導で徹子も大型をGET。

アタシはセイゴブッコ抜きミスったりしながら終了。

最終的に、徹子ちんとMakoっちゃんは謎の五目を達成。

徹子ちん:ホウボウ、タティウオ、アジ、大きいシャケ、○カエイ。
Makoっちゃん:タティウオ、スルメ、アジ、○カエイ、シャケ多数。

タイノエ:サワラ痛恨のバラシ、タティウオ、ブッコ抜きミスった子シャケ

いっじょーーーー
いっじょーーーー


今日のお道具:

ロッド:Saltist X-tream621Bのトップを一回折って直したもの
リール:MillionnaireSW203(いい加減オーバーホールしないとギアがまともに
かみ合っていない)

ヒットジグ:

サワラ:秘密~
タティウオ:どこかで買った110gのムラピン。センターウェイト。
シャケ:Lafestaイワシそっくり60g

ってことで、出鼻をくじかれたタイノエでしたが、サワラの誘惑には勝てない。
次は絶対釣りますよ。

待っててね、サワラちゃん。ロストジグ早速買いに行くからね、笑。

ま、アタシは釣れなかったけど、左舷の我々三人はバカ(しか言ってなかった)いいながら
楽しく釣りをしておりました。

同船の皆様。煩くてごめんなさいm(_ _)m
[PR]
by mahimahi55 | 2008-01-27 12:12 | お気楽?LTジギング

というよりも魚という特異な生物

釣りと言うのは、魚の食欲を刺激する、嫌な言い方をすればゲームだ。

急に話は変わったと思わないで欲しい、アタシは両生類が昔から好きで
(というか、体温のない動物のたいていが好きだ)
幼少の砌に飼っていた蛙は、鶏肉をタコ糸の先につけて揺らしてやらないと
一切見向きもしなかった。

様は、動いているものしか彼らは認識できないし、より、普段捕食しているものに
近いものしか食べないからだ。

それは高等生物においてほど顕著に現れる傾向である。
厳密に言うと、下等な動物の中には捕食という概念すらない生物も居るけど。

まぁ、好奇心という特殊な心情を高等動物は持ち合わせているので、
時にびっくりなものを口にすることもあるが、基本的に「食べていいものと悪いもの」
というのは、子供の頃から体で体得しているものである。

たとえば、カレーにナマコが入っていたら、普通は食べないだろう。
でも、人間の好奇心は(というより、日本人の好奇心はナマコを食べようと思ったほど)
旺盛なものなんだけど。

しかし、通常の哺乳類の食べるものはごく限られている。ある程度、高度な知能を
もっていてもだ。

なんだけど、決して高等とは思えない魚ってのも本当にわからない。

ルアーアングラー(アタシはソルトメインだけど)は平気で、カラーリングの
話とかする。本来ならマッチ・ザ・ベイト。
彼らが食べているベイトにより近いものをぶっこんでやるのが一番手っ取り早い
というか、それ以外には興味を示さないはずだ。(もしくはより近いものにしか興味を
示さないはず)

でも、魚は違う。

もちろん、海中と陸上では条件は違うし、ものの見え方はまったく違うんだと思う。
でも、仮にスズキが普段、パープルゴールドの鰯を狙っているとは到底思えない。
(たとえば、ナマコが大好きな人が居たとして、ピンク色のナマコを好んで食べるだろうか?
それ以前にそれをナマコと認識しないだろう。ちなみにアタシはナマコはあまり
得意なほうではないけど、対人関係にひびが入りそうなときのみは食べる、苦笑。)

だけど、魚はそのカラーのジグにしか食わないときもある。

釣りの面白さはそこにあるのかもしれない。

生命の進化の過程でみると、哺乳類と魚類は実はそんなに離れてはいない。
実際に彼らの学習能力や適応力には人間を超えたものを感じることもある。

だからこそ、人は魚を釣りたくなるのかもしれない。

そこに魚が居る限り、捕らえたくなってしまうのかもしれない。

今日、思ったことの半分はそんなこと。

詳しい今日の釣況については又明日。

あ、でも、人間の好奇心もすっげーと思いますよ。

誰が最初にフグを食べようと思って、誰が最初に納豆を作ってご飯に掛けたのか?
誰が最初にゴンズイは刺されるとやばいけど、煮付けは美味しいとか、
鬼カサゴのヒレ酒は天に舞い上がりたくなるほど美味しいとか、
ガチョウの脂肪肝はエクセレントだとか、サメのヒレは美味しいとか、
更に言えば、ナマコの腸を引きずり出して海鼠腸(コノワタ)にして酒の肴にしようなんて
誰が考えたのか?

書いているうちに、やっぱり、魚類より人類のほうがおかしく思えてきた。
ってことで、今日は海鼠腸の夢でも見ながら寝ます。

おやすみなさい。
[PR]
by mahimahi55 | 2008-01-27 00:47 | お気楽?LTジギング

海水と中耳炎

実は、以前沖で波をかぶった際、右の耳に海水が入って、お風呂で洗っても
なんだか塩が固まって、シオシオしてずっと気になっていた。

そうでなくても耳かき大好きなアタクシはそのシオシオを取るべく
暇も手伝って耳かきでかきかきしていた。

そうしたら、数日前から変な液が出てきて、今度はそれを取るために
綿棒でつんつんしていた。

ご機嫌でつんつんしていたのだが、心のどこかでは「引っかきすぎて
浸出液が出たな」って気づいていたので、「やばいな」とは踏んでいた。
その時点で外耳炎までは覚悟していた。

そうしたら、おととい火曜日の日中からやたら耳が痛い。
行きつけの耳鼻科は水曜が休みだ。どうしよう。

そして昨日水曜日には、痛みでご飯も食べられなくなり、なんと
お酒も飲めなくなってしまった。これはタイノエにとっては異常事態。
微熱も出てきた。

耳にヒエピタを貼って、痛み止めを飲まないと眠れもしない。
昨日は禁じ手の睡眠導入剤+痛み止めまで飲んで眠りについた。

そうしたら、今度は起きられなくてさっき耳鼻咽喉科に行って来ました。

右耳にファイバースコープを入れて画像を見せてもらったら
「あら、耳の中に膿のドームが出来てるし、耳の中が真っ赤に腫れてるよ、
こりゃぁー熱も出るよ。」

ということで、膿を切開して薬をもらって、ついでに花粉症の薬ももらって
帰ってきました。

このお医者さんは、のどの写真とか(アタシは声帯がたまにストレスで痙攣して
声が出なくなる)、耳の写真とか見せてくれるので、話が弾むから好き。

で、何がいいたいかというと、耳がシオシオしても、あんまり引っかかないほうが
いいですよ~ってことですね。

切開するのもそれはそれで痛いんで。

なんつってもノー麻酔でしたから。
アタシが痛がりじゃないことを知っている医者なので。

「つつくだけ」といってメス持ってましたから。
[PR]
by mahimahi55 | 2008-01-24 17:58 | 悩めるタイノエ

チーム・バチスタの栄光(上)

f0154189_11315836.jpg

いやー、あっという間によんぢゃって、早く下巻が読みたい!
第4回「このミステリーがすごい!」大賞に輝いていたので、昔から読みたかったのですが、
文庫化されて平積みになっていたので早速購入。

心臓外科手術もののミステリーですので、当然「手術室という密室」での出来事。
密室の達人!アガサクリスティーの事件は登場人物の全てが怪しいんですが、
上巻を読んだ限り、特にこれといってだれも怪しくない。
主人公の無欲でゆるい感じもなかなか魅力的。(本当は切れるんだけど)

うぁー続きが早く読みたい!

でも、雪降ってて外は寒そうだしなぁ・・・。

どうしよう~。
[PR]
by mahimahi55 | 2008-01-23 11:36 | 観ちゃった・読んぢゃった

猫をめくる日々

タイノエの朝は「猫をめくる」ことから始まる。
ここでの「朝」はタイノエが起きた時刻だから、早朝3時のときもあるし、
夕方5時のこともあるわけですが。

f0154189_12255664.jpg


これが毎日可愛いのなんの。でも、特に21日(昨日)の猫は好みのタイプ。
耳が大きくてピンと立っていて、グリーンの眼の猫はたまらないですね。

グリーンの眼が好きみたいです。自分でもグリーンの眼に生まれたかった。

う~。それにしても可愛い。この子はヤバイ。

小田原や沼津の港にも沢山猫が居ますよね。
房総の港にも。もう、拉致して帰りたいような子も居るし~。

これから夏に向けて、いつも行かない港で新しい猫に逢うのも楽しみの一つ。

欲しいなぁ。ペットOKのマンションに引っ越したいなぁ。
でも、駅ホームから3分は捨てられないよなぁ。酔っ払いとしては。

悩ましい・・・・。
[PR]
by mahimahi55 | 2008-01-22 12:33 | 猫も好きです