<   2009年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

よくわかんないんですが

釣りってアタシには幸運にも趣味であり。

趣味だからこそ生きる活力だったり。

今のアタシは釣りからぶっちゃけ逃げてますが・・・・・。

でも、趣味だし。
無理していく必要もないし。

あんだけ好きだった?
こんだけあいしてる?ンだからさ。

行きたくなれば行くさ。

やめらんないよ。

三つ子の魂百とかいうし。

でも、なんか良く解んないんだけど。

バス界の有名プロが除名になってしまったと記事でみた。

前日には近郊の船宿で火事。

職業として、自然を相手にするのは趣味より当然難しい。

またもや。

卵が先か鶏が先か。
どうも一生のテーマになってきた気がする。
[PR]
by mahimahi55 | 2009-03-31 00:32

苦手なもの

二段がまえで書いてある、翻訳の洋書。
[PR]
by mahimahi55 | 2009-03-30 23:44

鑑識米沢守の事件簿

観に行っちゃいましたっ。

相棒マニアだから仕方ないですょ(*u_u)
今回は初のスピンオフで鑑識米沢守が主人公なんですが、
限りなく捜査は甘く、限りなく地味な主人公でした。

相棒マニアのアタシとしては、テレビシリーズのクオリティが高いので、わざわざ映画?

って内容でしたが、昼間から大行列でしたよ!




シニア層が。



やっぱアタシの嗜好ってシニアなのかな?

昨日の土曜ワイドのおかしな刑事シリーズも好きだし。

ってか、2時間ドラマやテレ朝の刑事ものが好きなんですね。単純に。


あ!十津川シリーズだけはTBS派なんですけどっ!

とにかく相棒は和むし、米沢守映画に関しては、
エレカシのエンディングテーマがなかなかですよ~。
[PR]
by mahimahi55 | 2009-03-29 23:35

2時間ドラマ探偵その後

都会のマンションは本当に孤独と無関心の巣窟なのである。
蜂の巣の中で育つ蜂の幼虫だって、隣にどんな奴がいるか位はわかっている気がするのに、隣のユニットにどんな人が住んでいるかなんてわからない。

昨夜、エントランスでおびただしい量の血痕を見つけたアタクシは別に事件性なんかは疑ってなかったけど(飛沫血痕がなかったからね)とにかく警察官の人が来るまでは現場保存にいそしんでみた、笑。

一番心配した最悪の事態は、どこかで怪我を負わされた人が、このマンションに連れ込まれてるんじゃないか?ってことだった。

それなら飛沫血痕が無くても合点が行くしね。

なんと言っても、ココは天下の江東区。
近所じゃ女性一人が3センチ大に切り刻まれてトイレに流されてしまった訳だから、
何が起こってもおかしくない。
小説より奇怪な出来事が起こっても納得せざるをえない。

隣でどんなことが起こっていたって、蜂の巣ユニットの中に居たら気づかない。
で、まぁ結局は警察の人達が防犯カメラをチェックして、今朝住民の安否が確認されて、某階の住民が怪我を負ったことがわかり、一安心だった訳だけど。

通報者のアタクシは事情や状況を事細かに聞かれた。

やっぱり、念には念を入れて生活しないとね。

アタシとしては殺されちゃったら仕方ないけど、死に方くらいは自分で選びたいもんです。

ココに住んでる限り用心に越したこと無い。

しかし怪我した方は間違いなく酔っぱらってたと思う。

あの出血量ははんぱなかった、焦。

他人事ぢゃないな。
[PR]
by mahimahi55 | 2009-03-25 12:05

2時間ドラマ探偵

初めて事件現場に!今、鑑識官の方々が写真撮ってます…。
マンション前が血痕だらけだったので、警察呼びましたぁ。
[PR]
by mahimahi55 | 2009-03-24 23:44

春なんだろうか

急に暖かい。

アタシは何にも変わらないのに。

季節は勝手に変わって行くし。

去年見つけた場所に、つくしはもう生えてるんだろうか。

確かめに行く気も特に無いけど。
[PR]
by mahimahi55 | 2009-03-19 22:49

今週も

どうしてこんなに落ち込むんだろう。
[PR]
by mahimahi55 | 2009-03-18 19:17

毎日毎日

寝て起きて本読んで仕事して本読んで一人酒飲んで寝るだけ。

何の役に立つこともなく。

誰かに必要とされることもなく。
[PR]
by mahimahi55 | 2009-03-17 20:06

フィクション!

このところちょっと読書中毒である。
図書館に行ってもいいンだけど、図書館って背表紙しか見えないでしょ?
アタシはジャケ買いっていうか表紙買いが好きなので、
どうしても本屋さんで散在することになる。

好きなジャンルは大体決まっているンだけれど、警察小説と医療もの。
警察小説の中でも公安ものとか特殊班ものとかが好きなようだ。

警察小説の中では、最近、黒崎視音って人が気に入っているんだけど。
3冊しか出していないので読みきってしまった。
この人の本は好みもあると思うけれど、善悪とか敵味方とかキャリアとノンキャリアとか
相対する存在の書かれている分量が均一な感じがするところが好きだ。

変に「ノンキャリアががんばる」みたいな感じなのはあまり好みではない。
たとえ自分が貧乏でも、一貫して貧乏人目線の小説や論評もあまり好きではない。
被害者にばかりフォーカスする報道も好きじゃないし。

なんだろう?分量的に公平なのが好きだ。
主役はひっくり返せば脇役なわけで。双方に公平な主張の場を設けてもらいたい?
って感じ?

思想的に不公平なのは気にならない。

世の中結局は不公平だしね。

分量的に公平を求めるのは、それぞれによって、幸せの基準もミッションも違うから。
思想的にまったく相反する(自分と)ものに対して肩入れすることはないけど、
立場、立場によって求めるもの、求められるものは違うとおもうし。

それを感じるのに、情報量は均一で公平なほうがアタシの中での判断に間違いが起こらないから。所詮小説とはいえ。

と、まぁ、最近そんな本ばかり読んでいるのだけれど。

1970年代のSFとか安部公房に代表されるようなシュールレアリズム系、裁判傍聴記が好きなのは今も変わらず。

釣り雑誌からも距離を置いているような気がするのは気のせいか?
もともとそんなにつり雑誌読むほうではなかったけど。

あ、これは多分現実逃避。
[PR]
by mahimahi55 | 2009-03-16 15:00

がっつり

血液抜かれました。

甲状腺の検査で何ヶ月かおきに血液を採っているんですが、今回は精密に検査するとのことで、ぶっとい試験管に4本分、がっつりいかれました。

しかも、ディスポの試験管交換時に血管の中で針が動いてしまい、がっつり内出血。

そしてお会計もがっつり…。

つぅか、震える手で採血はかなりスリリングだったなり(;_;)

勘弁してくださいよ~。

いっつも待たされるしさぁ。

しかもがっつりと!
[PR]
by mahimahi55 | 2009-03-13 11:57