<   2009年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

寛解というのか?春がきた。

どうも病気が良くなってきたらしい。

もう治らないものだと。

もしかしたら、性質の問題で、病気ではないのではないかなどと。

疑い始めていた。

重症の鬱病と診断されて丸3年になる。

毎日、身体が重く。

料理する段取りすら出来なくなり。

味覚を失い。

物忘れが激しくなり。

文字を書くことすら億劫で。

思考する力を失った。

毎夜、自殺をほのめかし。

自殺未遂も繰り返し。

酒におぼれ。

いつか、人々は去り。

人を憎み。

信じることも忘れ。

涙も枯れ。

日々、刹那に生きていた。

そんな毎日が、まるで悪夢であったように今は体の具合がいい。


くすりも減った。

身体も軽く。

味覚も取り戻した。

文字が書けるようになり。

思考を始め。

明日を計画し。

未来を待ちわびるようになっていた。

酒すら余り飲まなくなった。

まるで、生まれ変わったように。


もちろん、完治したというには時期尚早であろう。

でも確かなことは、目の前が開けてきたようだ。ということだ。


何より、いつ死んでもいい。

毎日、死にたいと思っていたアタシが。

今は生に執着している。

この病気の果てには。

取り戻したかった、昔の自分が待っているのではなく。

新しい自分が待っているのかも知れない。

全てを失って。

特に何かを得た訳ではないけれど。

生きていることに初めて感謝した。
[PR]
by mahimahi55 | 2009-12-24 15:33