<   2012年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

16号解体新書。

f0154189_16918.jpg

f0154189_16975.jpg

f0154189_16935.jpg

上架しないと観られない16号の一部。

(写真1)
16号はエンジン二機掛けです。ぶっちゃけ、湾内航行では必要ないスペックですが、小名木川でUターンを強いられるので、そこでは活躍しているらしい。

元は遠征対応で、一機トラブっても、一機で自力走行可能にするために二機掛けになってます。

ちなみに1機480馬力×2機=960馬力。

(写真2)
前述しましたが、スラスターがついちょります。
タチウヲ船団に入っても細かく動けるらしい。
でも、それ以外あんまり使ってるの観たときないかも…。

(写真3)
上架しなくても観られるけど、ミヨシには4人まで立てます。
ちなみに、柵は橋をくぐるため取り外し可能。

ブリッヂも油圧で下がります。ま、これは川筋の船は何処もある装備ですが。

という、愛しの16号。

あ、アタシがなんで16号って呼ぶかと言うと単に「AKIRAっぽいから」笑。

ちなみに16号はタカシ。

AKIRAは18号だね♪
[PR]
by mahimahi55 | 2012-04-23 01:06

柳宗理氏カトラリー

f0154189_1418543.jpg

最近パスタが多いので、新たに追加購入。

あれ?誰かの足が見切れているぞ?
[PR]
by mahimahi55 | 2012-04-22 14:18

愛と上架とスプラッタ

f0154189_11265258.jpg

f0154189_11265261.jpg

f0154189_1126526.jpg

f0154189_11265294.jpg

f0154189_11265283.jpg

先日、愛する16号の船底塗装をしてきた。
(写真1)

16号ってのは、第16さわ浦丸の事で、全長22m、幅5m超、19tの馬鹿でかい遊漁船で、アタシが7年前くらいから、ぶらりと訪れ、大物を釣る楽しさに目覚めた船だ。

昔の話になるけど、この船で初めて伊豆遠征を経験し…

初めて一面コバルトブルーに囲まれた。

湾口でジンベイザメにも出会った。

初めて300gのジグを買った。

初めてソルティガ4500を1日しゃくり続けた。

初めてカンパチに出会った。

その時のアタシは人目もはばからず涙を流して、船長には今でも「あの時ばらして泣いていたのかと思った」と笑われる。
初めてサワラも釣った。

アタシがソルトルアーの世界にどっぷりはまっていくきっかけとなった船だ。

そして今、その船の船底にペンキを塗っている。

まったくもって、人生とは解らないものだ。

前日に船底に付いた小さなフジツボなんかを剥がし、高圧洗浄を済ませた船底に船底塗料を塗る作業を行った。

(写真2)
まずは喫水線をマスキングして…

シンナーで延ばした赤ペンキを塗っていく。

昔と違って、錫や鉛等の有害物質は含まれておらず、ほぼ物性のみで貝殻の付着を防ぐらしい。

塗料は水性で、ゆっくりと溶け出ることにより効果を発揮する。

若い衆の都合が付かず、船長と2人で塗りきらなければならないので、作業は急ピッチ。

しかし、16号…やっぱデカいのだ。

塗れども塗れども進まない…。

陣中見舞いに来てくれた平井丸の亮くんやツキジさん、てんやさんの励ましに背中を押され、またしばし頑張る。

(写真3)スラスター周りにもしっかり塗装。

(写真4)終わる頃にはこんな有様f^_^;

(写真5)下架の支度をして、有り難う御座いました!

最後の方は溢れんばかりの「16号への愛」onlyで乗り切りました、笑。

帰宅してから身体はボロボロ…

肩が上がらない…

来月40歳を迎えるアタシにはいささかハードすぎるが…

でも、愛する16号の為なら、血塗れ(ペンキだけど)になっても構わないのだ!

愛は勝つのである(多分…)。
[PR]
by mahimahi55 | 2012-04-22 11:26

f0154189_10564394.jpg

f0154189_10564379.jpg

満開の写真は仕事柄“逆に”撮れず。

でもね、アタシはコレも好きよ。

水面が桜色。
[PR]
by mahimahi55 | 2012-04-13 10:56

開成FSのトラウトをやっつける!

f0154189_2237181.jpg

f0154189_22371100.jpg

f0154189_2237134.jpg

やっつけるっても、今回は釣りぢゃないのね…

釣船のお客様から毎度戴いている、開成フォレストスプリングスのトラウト。

有名レストランに卸している養魚場さんのお魚なのだそうだ。

その中から“赤身”を選りすぐってお持ち下さるのだが…

それが、もはやサーモンですよ。

ホントに美味です。

そいつを有り難くやっつける訳です。

写真上から…

ムニエルのバルサミコソース。
単にアタクシ、サーモン系には甘いソースが好きでして。。

バター、バルサミコ酢、赤ワイン、塩胡椒、カシスジャムか蜂蜜か砂糖でソースを作ってます。コクがあって甘ずっぱければ何でもf^_^;

ただ、これは本観たりしてないから分量は適当。

個人的に蜂蜜よりは砂糖のが好き。
(っていうか、蜂蜜って匂いがきつくてあんまり得意ぢゃないのだ…癖あるし)

お次はカルパッチョ。

塩胡椒、レモン、オリーブオイルだけ。
上に乗せる野菜はタマネギ、キュウリ、トマト。

たまたま有ったから乗せたに過ぎませぬが…。

淡水魚だからなのか分からないけれど、塩はいつもより余計に振らないと味がしまらなかった。

最後は、残った骨まわりやハラスを先日調子こいて買った塩麹で和えてから…

タマネギのみじん切りとシメジ、茹でアスパラをのっけた上に、オリーブオイルとマヨネーズを掛けて、ディルを乗っけて3分レンちんしてから、オーブンで10分。

調子扱いた塩麹、なかなか良かったです。

それにしても、開成のトラウト、本当に美味!

ただし、赤身個体を見極めるのが難しいらしいのだ〜!

ひらめっちさん!
いつも御馳走様です!

あ〜アタシも早く釣りに行きたいものである。

ぼやぼやしてたら、お花見シーズンに入ってしまった(T_T)

春バスも釣らなきゃだし、忙しいな…ってか、ウチ東京湾の釣船屋なのに、淡水魚の話ばっかりだな…

いいのか?

いい訳ないだろ〜。
[PR]
by mahimahi55 | 2012-04-03 22:37

桜の花の咲く頃に…

お花見には色んな想い出が有る気がする…

といっても、大人になってからの想い出ばかりですが…

地元猿江恩師公園で、花粉にまみれながら、モスバーガーと缶ビールの想い出から…

会社のあった目黒川界隈で、花を愛でるつもりが、結局「魚金」で飲んじゃったことなどなど…。

その中でも、一際異彩を放っている想い出として「江戸川橋のお花見」ってのが有る。

何年前かなぁ〜8、9年前の話だろうか?

当時仲良かった女友達の兼ね合いで、今をときめく「組合」の友人知人が何人かおり、自然な流れでお花見に混ぜていただいた。

とにかく、彼女?たちは料理がべらぼうに美味い人が多い!

たまたまかも知れないけど、、

ホテルオークラのお総菜みたいに見た目も麗しく、味も最高。

会話の内容は物凄く切ない恋愛の話なんかがメインだったのだけど、気兼ねなく楽しいお食事会の想い出でありました。

「江戸川橋」と聞くと、あの日を思い出すんだよなぁ。

江戸川橋、クライアントも居たし、他にも想い出あるとは思うんだけどな…。

昔を知る方からすると驚きだろうが、酒に酔うことも余りなくなった。

酔えるほど楽しいことが無いからなのか?

安心して酔える仲間が少なくなったからなのか?

バカ騒ぎはもうしなくていいけど、相手に気を遣わずに、腹も立てずにお酒が飲みたいと思う、今日この頃。

今年の桜は、どんな想い出になるのかなぁ。
[PR]
by mahimahi55 | 2012-04-02 18:07

遊び足りよう。

最近、アタシは意外と遊んできたクチなんぢゃないか?と思い知らされる事が多い。

兼ねてから、遊び足りない大人は浅ましくて嫌だなとは思ってきたが(と、思って必死に遊んできたわけだがf^_^;)、最近、40を目前にして、やっとこさ肩の力が抜けてきた感じだ。

多分、これからはガツガツ遊ぶこともないんじゃないか?

と、思う。

最近“遊んびたりない人”にがっかりすることが増えてきた。

可哀想に…

ご馳走になり方も知らない。

奢られ方も不憫。

年功序列とか、そんな事が言いたいんじゃなくて、年齢に関わらず遊びのルールを知らないのね。

20代は、完全に日本経済が破綻してから成長期を迎えているから、大人にお金がなかったという事は可哀想なことだとは思う。

でも、若い子だけじゃないんだよなぁ、同世代でも多数居る。

若くないだけにみっともない。

未だヤンキー思想が抜けきらない輩(時代だわ〜)…。

美魔女とか言ってる輩もそう。

娘と同じ格好をして「姉妹みたい〜」なんて言われて喜んでる人を見ると“可哀想に、遊び足りてないんだな…”と、不憫になる。

いい歳して、若い男(女)に愛されようと媚びを売るのもそう。

若い子に構って貰えることを女子力とか言っちゃってね、痛。

いい歳こいてガツガツしてるのは、端から見ていて格好悪いもんだって事が解らないのはみっともない。

折角遊んできたんだから、歳相応にその場その場に合わせて振る舞える、そんな大人になりたいもんだ。
[PR]
by mahimahi55 | 2012-04-01 16:03