毎回うかつな夫婦、法医学教室の事件ファイル

土曜ワイド劇場・・・ここまで毎週HDDに録画してみてる江東区民も珍しい
と、、、思う。多分。っていうか、2時間サスペンスをBSまでチェックして
根こそぎハードに取り溜めて観ている家はあまりないと思う。

何の自慢にもならないのが悲しいところだが。

「法医学教室の事件ファイル」はうる覚えだけど、連続ドラマだったのが
単発になった記憶あり。

人気シリーズらしく、結構長くやっている。テレ朝の土ワイは15時から
再放送があるから昔のものも良く観ちゃってる。

主人公は名取裕子で監察医。旦那は宅間伸で、横浜のほうの警察署の警部。

そもそも同じ管轄内で一緒に働いているというのもどうかと思うが、
捜査方針に監察医である名取裕子が口を出しまくる。
というシリーズである。これで8割は説明完了、笑。
司法解剖のシーンはライトめなので、血が大の苦手な宿主にも観られる。

そして毎度の事ながら、名取裕子は警察の捜査方針に不満&疑問を持ち、
勝手に捜査を始め、十中八九犯人、もしくは犯人に類似した人物に
監禁、もしくは命の危機に脅(おびや)かされる。

警察の捜査方針は最後まで名取裕子の考えにアンチな事が多いので、
形式だけは警察寄りの旦那(宅間伸)だけがなんとなく妻の考えに迎合し、
えーーーっ、どうしてわかったの?っていうタイミングで妻を助ける。

で、たまに独りで助けに行って、自分も負傷することもあるという・・・・苦笑。

要するに、行動が毎回ウカツな夫婦なのである。

観るたびに、宿主とともに「ウカツー」と嘆くのがまるでお約束になっている。
だって、毎回ウカツなんだもん。

しいて言えば、法医学関連のシーンは結構興味深い。法医学大好きなアタシとしては
ふーん。と思うこともたまにある。実験して実証するシーンもこのシリーズの特徴。

あと、個人的な見解としては名取裕子は職務範囲を超越して暴走する主婦
っていうのが、ドラマ界では定着した気がする。

主婦検事役をしている「京都地方検察官の女(だっけ?)」もおんなじ感じのキャラ。
こっちも主婦という設定だけど、旦那が出てこない(単身赴任中)とこが
すっきりしているし、ウカツというわけではないので、こっちの役柄の名取裕子の方が好き。

どうでもいい話だけど、法医学~のほうの名取裕子はいかんせんウカツが過ぎる。
[PR]
# by mahimahi55 | 2007-10-14 13:34 | TV・2時間サスペンス

十津川警部寝台特急トワイライト殺人事件

予告通り、タコのガルシア風とスパニッシュオムレツを食べながら
寝台特急トワイライト殺人事件を観ましたよ。ネタばれしますけど、
誰もこんなブログ読んでないと思うから、ばらしまくります。
でも、正直大筋とは関係ないことしかばらしません、笑。
だって、ストーリーの大筋なんて、どうでもいいもん、アタシ。

まず、普段十津川界ではほとんどありえない状況を以下に並べます。

1.十津川警部非番
2.奥さん(かたせ梨乃だった、TBSは)
3.榎木孝明が悪役(相変わらず鼻の下の溝は限りなく深い。流しそうめんできるよ絶対)
4.車掌が元チェッカーズの高杢
5.阿部寛がちょい役でワンシーンしか出なかった!!!しかも若い(それはそうだろう)
6.薬丸が鉄道警察官(しかも使えない・・・さらに、うちの宿主はモックンって言ってたし)

で、十津川警部と妻が亀さん(伊東四郎)に取ってもらったチケットで
トワイライトで札幌から大阪まで旅行(多分京都で降りるつもりだったんだけど)
してる途中に奥さんが拉致されたりするんですが、大筋はどうでもよく、

奥さんがいるのに犯人の周辺の女とキスしまくるし、しかもぶちゅーですよ。

過去にも、犯人役の女性とキスしたり、押し倒されたり、
「愛してる」とか、「キスしたい」とか言いまくる渡瀬十津川は観てきましたが、
案の定のエロっぷりに時代を感じつつも、期待を裏切らないところに拍手。

でも、何年作か知らないけど、時代を感じますね。

キャストは男性女性関係無くタバコ吸いまくり。
今だったらありえないですよね。

ちなみに関係ないけど、アタシはタバコを吸う男の人と付き合ったことはありません。
付き合う前に辞めてもらってます。

だから、十津川とは付き合えないなぁ。。残念!(こんなネタあった気が)

ちなみにこのサスペンス、監督はいつもの脇田時三だったけど、
脚本が長坂秀佳でなかったので、ちょっと感じ違っててそこも新鮮でした。

でもやだなぁ、再放送の2時間ドラマの詳細語れちゃうなんて・・・・・
[PR]
# by mahimahi55 | 2007-10-13 15:15 | TV・2時間サスペンス

アイウェアが好き

とにかくメガネが好きだ。
最近なんか世の中で、メガネ男子やらメガネ女子やらが流行っているらしいが、
(爺さんかよ、あんた)アタシのメガネ好き暦は20年は余裕で超えている。

自他共に認めるファザコンだったので、父がメガネを掛けいていたという影響も大きい。
そして我が家は母も妹も極度の近視&乱視である。
従って、母もメガネ、妹は生意気ながら、高校時代からカラコンを入れていた。
(そうでなくてもアタシと違って男にモテタ妹は、常に高飛車な女だったのだが)

そしてアタシも幼少期に遠視になり、メガネを掛けていた。
しかし、アタシの幼少期はメガネを掛けた女子はもてなかった・・・・

でも、何故か受験勉強をしているときに、近視が入り、うまい具合に
アタシの遠視は相殺されて、現在は左目に遠視性の乱視だけが残ってる状態です。

幸か不幸かそんな環境であったので・・・・(多分不幸だ)

アタシはメガネを掛けていない男性は愛せない。
メガネ掛けてりゃいいってもんでは全く無いけど(素材も大事さ、そりゃ)

でも、世界中の男の人がメガネを掛けていたら、アタシの選択肢は
もう少し広がったのは間違いない!(どうでもいいな、この話)

で、アタシ自身も物凄いアイウェアが好き。

遠視のせいで少し眩しがりやなせいもありますが。
釣りの時は、偏光グラスを曇天時でも掛けています。
ま、自分のラインがどっち入ってるかが気になるのと、
フグやってると、ちょとしたラインのタワミがアタリだったりもするので、
竿先だけでなくライン見ている機会も多いから。やっぱり水面のちらつきが気になるんで。

f0154189_13331699.jpg


↑で、最近使ってる偏光グラス。本当はもっと持ってたんだけど、
買ったはいいが、似合わな過ぎて差し上げてしまったり、使ってないのも多数。

手前から、DNA、SWANS、SIGHTMASTER、そして最上段は
最近愛用しているユニクロの1,000円の偏光だったりする。
これが大きめで光が入らないから結構いけます、笑。

次に、掛けてるメガネのうち、最近の一軍。

f0154189_13335710.jpg


↑手前から2つは999.9のもの。一番のお気に入りは一番手前。
今年の新作でございます。

f0154189_13343619.jpg


↑2番目はクライアントに行くとき用。3番目はZOFFで衝動買い。
大好きなTeitowa氏風の感じがたまらなくて購入。一番奥はアルマーニの奴だけど、
家で本読むときくらいにしか使わない。ちょっと、睫が当たっちゃうから。

f0154189_1335658.jpg


↑そしてサングラス。
手前は今年大活躍のOliver peoplesのもの。
真ん中は今年は使えたけど、去年までお蔵入りだったDKNYの。
奥は近所に買い物に行くときにノーメイクだったりしたとき
たまに掛けるもの。サングラスは流行り廃りが激しいので
結構お蔵入り度が高いですね。

ま、そういうことで、タイノエがこれだけ持っているのですから、
宿主は物凄いことになってますよ。

本人はコンタクトにしたいらしいんですが、
そんなことしたら、アタシは宿主の元を離れます、笑。
体液すすれなくなっちゃうよ~笑。
[PR]
# by mahimahi55 | 2007-10-13 13:37 | メガネ-○-○-

愛について、釣り道具についての考察

釣り道具が好きだ。

SALTIGAZ4500Hなんか、愛でながら酒が飲める。
でも、実際遠征で振ってると疲れるけどね~。

イケメンと付き合ったはいいが、毎回疲れるってのと同じか?
いや、違うか?笑。
いや、おなじだ!!いくらアタシが小栗旬や玉木宏や
西島秀俊や大森南朋や生田斗真や大杉連(順不同)が
好きだと言っても、付き合ったら絶対疲れる。

大体、釣りには付き合ってくれないだろう。
釣具屋で3時間買い物には付き合ってくれないだろう。
(ちなみに、宿主”も”まったく釣具屋にはつきあってくれないが)

イケメンは観てるだけがいいって言うことはままある。
(宿主はニッチなとこでしか受けないルックスらしいので、イケメンではないらしい)

あ~また、どうでもいい話をしてしまった。大体、好みのラインナップに
何の共通点も見られないしね。(しかし、生田斗真がジャニーズ
だったってのを知ったのはほんの数週間前で、正直びびった。
らしくないもんね。)

話を戻しましょ。

沖釣りを始めて7年目。あんまりにもいろんな釣りをするからなのか、
単にセンスが無いだけなのか、どの釣りも大して上手にならない。

でも、いいの。お道具を買って、ノット覚えて、「とりあえず」釣れたら
満足だから。(どうもここが上達しない原因らしい・・・・)

それが最近、とうとう「これが欲しい!!」っていうロッドが無くなった。
相変わらずカタログとかは観てるんだけど。

ま、遠征用にごつい奴はあったほうがいいんだろうけど、まだ、
選ぶ基準がわかんないから買えない。

釣り道具って、使う人によって良し悪しが決まるからだ。

腕までがロッドで言ってもいいような気がする。
あと体力も。

沖釣りを始めて2年目ぐらいから、メーカーのスペック表を見て
「欲しい~」とかって竿を見つけられるようになった。
勿論、買う前は実際に触ってから買うんだけど。
(それで買わなかった竿も数え切れない)

話は長くなっちゃったけど、要するに「自分がやりたい釣り」が、
固まってきたってことなんだと思う。

だから闇雲に欲しい道具がなくなってきたんだと思う。
(実はベイトのSALTIGAZ30が今は欲しいけど)

今でも釣具屋さんに行くけど、前より滞在時間少なくなったし、
小物を買うことが多くなったなぁ。

ジグとか?フックとか?溶接リング付のルアーホルダー??とか。
(名前良くわかんないけど)そうそう、クロススナップは使わなくなったわ。
弱くて不安になったから。今年はシイラでも、エチオピアでも延ばされた。
パッケージに書いてある限界キロ数以下の釣りものでも伸びるんだもん。
ルアーのアクションもよくなくなるし。(アタシがへたくそだからだけどさ)

そういや、昨年の誕生日、宿主に(当時は正確には宿主ではなく、
タイノエでもなかったんだけど)SALTIGAZ4500Hを買ってもらった。

「どうせ6万以上出すんなら、アクセサリーとか欲しがって欲しかった」
と、言われたんで「チタンは貴金属だ~」と悪あがきをしたことを思い出した。

アタシもその宿主のご意見には「全くだ」と、思った。

愛だな、愛。(無理やりだな)
[PR]
# by mahimahi55 | 2007-10-13 00:38 | 好き好きお道具

タコの行く末

タコのガルシア風を作成してみた。

フレシネって安いスパークリングワイン(CAVA)と一緒に。
(これが結構安くてもイケルんだな、と、信じている)

f0154189_05010.jpg


↑お皿は大正後期のもの(らしい)。実はアタシはチープな骨董食器好き。
昔のデザインは大胆で斬新なものが多い。あと、デザインが
モダンなので、洋食を盛り付けても違和感は多分無いと思う。
っていうか、無いとアタシは思っている。ものによるけど。
本当にどの時代に作られたものなのかとかは全然わかんないんですけど。
作家とかも知らないし、大体、どんな大家が作っても、アタシが好きな
もんじゃなきゃ、アタシには価値ないし。
それは食器だけにいえることではないですけどね。
大好きな釣り道具についてもそうだけど。

明日はまたパスタかなぁ。
なんかタコって、御造りは好きなんだけど、それ以外の
和食(甘く煮た奴とか)はあんまり得意じゃない。
大抵、イタリアンとかいんちきスパニッシュにして食べる。
マリネとか、トマト煮とか。

そう、古い和食器の話。和食器だけでなくて、アメリカに行けば
プレスコットの(アリゾナ州)チープ骨董屋めぐりをしたことも・・・

古いものには、今のデザインには無い大胆さとチャーミングさが
あるんですよね。あと、いい加減さも、笑。

そこがたまらなく好きなんですが、本当に骨董の世界に入って
しまうと、抜けられないらしいし、世間一般的な価値基準もわかんない。

だから、気に入ったものを10,000円以内って決めて、よっぽど
気に入ったら買うようにしている。

気に入ったお皿で食事をするのは楽しい。
1.5倍美味しい。
でも、自分で釣った魚を、大好きな人たちと食べたら、
10000倍美味しい。

だから、10,000円までに決めて買うことにしていたりする。
[PR]
# by mahimahi55 | 2007-10-13 00:09 | たまには料理も

プチ遠征ジギングだったんだけどブイヤベース

擬似餌恋愛に堕ちているアタシはリハビリがてら伊豆大島の回りあたりまで
ジギングツアーに行ってみるというギャンブルに出たりした。

狙いものはカンパチとかヒラマサとか。

鳥山立てばカツオ・メジ、イナダなんかもやっちゃう?みたいな。

はずだった・・・・・

ま、それはともかく、朝日を浴びて輝く大島や利島の美しいこと。
船を追いかけるトビウオ、真っ青な水色。たまりません。

f0154189_2012040.jpg


↑利島の上にはうっすら雲の帽子

鳥山が結構立ってたんで、みんなでガンガンジグ投げるも、
だーれにも掛からない。結構沈めたり、早引きしたり、無い知恵絞ったんだけど、
当然アタシもノーフィッシュ。

でも、鳥山は結構至るところに立ってて、やっぱ、魅惑的なわけで、
結構長時間鳥山狙ってたけど、状況は一向にいい方向に向かわず。

で、ジギングに移ったんだけど、午前中は150グラムぐらいのジグで済んじゃうくらいの
潮。0.3ノットも無かったらしい。う~。うなるのみ。

午後になって、アタシの竿にカサゴが掛かったり、なぜか上のほうでシイラが掛かったり、
ちっちゃいショゴが掛かったりって感じで時間は過ぎて行っちゃって、、、、

そろそろ上がり?って時にアタシのお隣のお客さんのゼニスの竿が、
「をいをい、鯛竿か?」ってぐらい引き込まれた。
思わず、サポートに走ろうとしたとき、今までに聞いた事の無い音がして
「バキィィーッ」って、買ったばかりだという竿が手元から折れた・・・・

予想では相当のサイズのヒラマサぢゃない?ってこと。

う~。アタシは蚊帳の外だったけど島周り恐るべし。

ってことで、アタシのお土産はおっきなカサゴちゃんのみ(涙)

で、流石にその日は家に帰ってもヘロヘロだったので、宿主にお許しを
頂いて夕飯をサボり、翌日カサゴちゃんでブイヤベースを作った。

ウチには冷蔵庫が2つあるので(諸事情につき)、冷凍庫には
フグ、スルメイカ、マダコ、エチオピアなんかが結構入ってるため

カサゴちゃんに、買ったアサリとホタテ、エビ+冷凍してたマダコ、
気取って買ったイタリアンパセリなんかを足してこんなもんを
作ってみた。

f0154189_2015070.jpg


↑ブイヤベースなのだ。自分で言うのもなんだけど、美味しかった~。

しっかし、いつの間にか増えたアタシの大事な貴金属。
これだけで10万はある・・・・高すぎ。でかいジグとか。1本2000円とか
余裕でするし。(ま、もっと、海の普通(シイラ用とか)のルアーのが高いけど)

f0154189_2032286.jpg


↑貴金属(中身は鉛だけどね)たち・・・

宿主の体液を吸って買ったのではないことだけは、言い訳しときます。
念のため。
[PR]
# by mahimahi55 | 2007-10-12 20:06 | 一発大物ロマン系

魔性の味、プライドの鯵

全く、日にちは前後しちゃってますが「ただ食べたい」という理由
だけで、サビキ鯵大会が催されました~。

とにかく、関鯵とか色々ブランド鯵はあれど、なんていっても、
東京湾奥の幅広金鯵は最高!!

ほとんど赤身の無い白い身。捌いているとすぐに包丁が切れなく
なるような脂。しかも皮と身の間の脂の上品なことこの上なし。

そんな鯵を1回味わってしまうと、スーパーの鯵なんか買えなくなっちゃう
んですよね。釣りをたしなむもののプライドとして。。

しかし、考えてみたら、船で鯵のサビキ釣りなんかやったときが無い。
大抵ライトタックルでも、カゴつけて2~3本針にイソメをつけて釣るつり方がメジャー。

結果は63匹で終了~。写真撮ってないんですけどね。
トップは104匹でしたよ。

途中1時間程度スランプ続いちゃったんですよね~。
でも、9本針に5点掛けしちゃったりして楽しかったっす。

釣りはタナ(つーか底)13mぐらいだったから全然疲れなかったけど、
63匹を捌くというのはですね~。相当きついわけですよ、苦笑。

結局・・・・

なめろう、タタキ、普通のアジフライ、2匹の間に梅とシソをはさんで揚げた
アジフライ、アジの押し寿司。

揚げ物が医者から止められているアタシはフライ類は食べられないので、
宿主のみが食べるんだけど・・・・・苦笑。

しかし、美味しい。本当に美味しいのだ。

やっぱ、アジは買っちゃいけない。釣らないと。
[PR]
# by mahimahi55 | 2007-10-12 18:25 | たまには料理も

ママでも金ぢゃないのだ、サワラなのだ。

どうでもいい話だけど、本当にどうでもいい話だけど。
勝手なことを言わせてもらうと、谷亮子が画面に現れた時点でアタシは
チャンネルを変える。たとえ、谷亮子の隣に小栗旬が居たとしても、
速攻変える。

さて、アタシは夏の間はなんとなしに「擬似餌恋愛の子」になるってのが
ここ2年ぐらいのお約束になってる。擬似餌恋愛ってのはアタシの勝手な
造語だけど、単にルアー釣りにはまるってだけのことっす。
すんません、大したことない話っす。

ブログの順番は、釣りに行った順には全然なっていないので、
これは9月30日の土砂降りの日の釣り話。

船宿さんは最近常宿さんにさせて頂いている「さわ浦」さん。
船長さんも常連さんも凄く素敵な方々が多くて楽しい宿です。

ホントこの日は朝からゴアテックスのレインを着ないとならない位
土砂降りで、本当ならタイノエ生活のアタシは毎日が日曜日なんだから
雨の日なんかに釣りになんか行かないんだけど、擬似餌恋愛は
そんなアタシの心を揺るがすほどに熱く切ないのです(涙)

その日は下浦沖でタチウオを狙ってたんだけど、二枚潮で、
しかも潮が早くって、無い知恵絞るのに苦労した。

結果、使ってるPEはもともと08だったし、いつもはショックリーダー
を2段にして20lb付けてから60lbとか80lbとか付けるんだけど、
タチウオのやる気も感じられなかったし、潮が早いんで、、、、
(ごめんなさい、言い訳すると、面倒だったってのも大きい理由だけど)
20lbしかリーダー付けないで、100gのimaの百郎のムラピン付けて
ぜーんぜん釣れないだろーなーと思いながらお気楽にリズムかなんか
取りつつ「ワンピッチ~ワンジャーク~」なんてウソ歌歌いながら釣りしてた。

タチウオはまぁ、あんまり釣れてなくて、一方で珍しくH君(エチオピア)にやられることも無く
底とって、ジャーキングをはじめて6回目、ガッツりとお魚が掛かった。

「でっかいタチだなぁ~」って思いながら、でも、ふつーにお気楽に
巻いてたら水面に上がったのはなんと72センチの極太サワラ。

「せんぢょ~ぉぉぉぉ~サワラだぁぁぁ」

船長に飛んできてもらってタモに入れて速攻氷締め。

巻き上げ中はあんまり引かなかったんだけど、船に上げたら
imaの百郎は両目取れてるし、歯型で塗装は剥げ禿げ(あえて)
だし、なにより、5キロ~10キロサイズ用の溶接リングが歯で
折られた・・・・・。

リアに付けてたクワトロフックにがっつり掛かってなかったら
20lbのなめなめリーダーなんかじゃ取れなかったわ・・・。
ラッキーだったけど、周囲ではもっと本気リーダー付けてて
ライン切られてる方もいらしたので「すいません」の一匹
としか言いようが無いっす。

でも、冷静に考えると、潮の抵抗が少なかったから、糸ふけが
少ない状態でジグを着底させられたわけで、しかもアタシは
タチって着底する瞬間に食って来ることも多いので、着底の瞬間
に大きくロッドを煽る。ま、底から4mくらいで食ってくれたので、
それはあんまり関係ないんだけど・・・
細ラインだったからかえってよかったのかもな?って、心苦しさを
身勝手な理論で紛らわすことにした。(やーね、理系の女って)

f0154189_1751889.jpg


↑で、この子がそのサワラ。72センチの立派な婦女子でした。

f0154189_1755170.jpg


↑おつくりにしてみたり。

あと、写真は無いけど、昆布だしをとって、ねぎとシメジだけいれた
お鍋でしゃぶしゃぶして食べるのがめっちゃ美味しかった。

西京漬けにして食べたけど、これも激うまで!!
(京都好きのアタシは西京味噌も常にキープしてるし)

残りはまだ冷凍庫にある。

久々にうひゃうひゃな一日だった。この日から2日くらいは、笑。

タイノエ生活してるんだから、獲物を取ってくるのは仕事のうちなのだ。
いつもは寄生して体液すすってるんだから、たまには宿主にいいものを
食べさせないといけないのだ。

そうしないと、いい体液も結果的にはすすれないのだ、笑。

って、実際にはすすってないけどね、笑。


当日のお道具

ロッド :ダイワ Saltist X-tream621B(の、先を折って修理したもの、笑)
リール:ダイワ ミリオネアSW203(赤い彗星)
ライン :GOSEN砂紋スペシャル08 リーダー20lb(なめなめ)
[PR]
# by mahimahi55 | 2007-10-12 17:06 | お気楽?LTジギング

南房周回プチGTゲットのはずが・・・

先日、お知り合いに同行させていただき、南房館山から外房勝浦までの
港という港を巡って、プチGTゲット(メッキね)しまくりのはずが、
ゲットしたのは何故かムツとマダコ1.5キロっちゅう・・・・・。

管釣りや渓流のミノーイングタックル(ほっそいほっそい)に、2~4グラム
前後のミノーを付けてひたすらトゥィッチングしまくると、メッキとかセイゴが
釣れるってことで、現在タイノエ生活を送っている暇なアタシとしては、
「新しい釣りには何でも挑戦しよう!」って感じで同行させていただいた。

でも、正直ルアーでの釣りは修行中で、上手にトゥィッチングできず、
メッキやセイゴは追って来るのに足元で見切られちゃうってのを繰り返しまくった。

f0154189_16222096.jpg


↑ご同行の方の釣ったヒラセイゴ(羨)

しかし、いつも船から釣りしてるアタシからしたら、景色や見ることができる
魚種の違いを楽しむだけで本当に楽しかった。
イトヒキアジなんてはじめてみたし、もう、天女のように美しいアジなの!!

また、港には猫がいて、そっちをゲットして持って帰りたかったくらい。
尻尾も長くて可愛かったなぁ、みんな。

で、ゲットしたのはなぜかムツ(真昼間になんで?)

f0154189_16211471.jpg


↑何でムツ?真昼間に。しかも何ムツ???

とマダコ1.5キロ。
もう、タコ大好きなもんだから、港の浅瀬に泳いできたデカイマダコを
発見したら体温上がっちゃって、なんとなく持ってきたジギングタックルに、
適当にジグ付けて「小型回遊魚用フック」(たまたま付けっぱなしだった)
で掛けて引き上げたら、まーーーでっかいでっかい。

f0154189_16204151.jpg


にょ~ん

自分で洗って茹でるのは結構骨が折れるのだな、これが。

f0154189_16214935.jpg


パスタにしてもまだまだ沢山残ってる。


ので、今日はタコのガルシア風を作成することにした。
でも、まだまだ余っちゃうんだろうなぁ。

今日はスパニッシュオムレツと一緒にスペインナイトな夕食に
エロ十津川で楽しもうっと。

なんていう落ちではなく、あーーー釣りたかったぜ、プチGT!!
アタシのGT(ロウニンアジ)へのあくなき挑戦(まだ未挑戦だけど)
は続くのだった。

当日のお道具

ロッド :ダイワ PRESSO LUKINA
リール:SHIMANO BIOMASTER2000S

※でも、やわすぎて使いにくかったことこの上ないので、この釣りには向きません。
きっぱり。
[PR]
# by mahimahi55 | 2007-10-12 16:23 | お魚・お仲間

今はタイノエ

はじめまして。
タイノエって寄生虫が居ます⇒
見た目は真っ白なダンゴムシみたいな奴で、
最近良くTVでも話題にのぼる「オオグソクムシ」なんかのお友達です。

タイノエって言うだけあって、鯛やアジ、鯖なんかの口の中に寄生しています。
大抵、口の中には夫婦で棲んでいて、先に寄生したほうがメスになることに
なっており、後に来たほうがオスってことになってるらしい。

でも、先に来たメスは、オスが来なきゃ結婚も出産もできない訳で、
(ツガイにもなれず、繁殖もできないってのが正しい言い方か?)

でも、1回ペアになると一生添い遂げるらしいなんて可愛い一面もあったりして。

可愛いって言っても、所詮、宿主に寄生してるだけなんだけど。

で、今のアタシはタイノエなんです。

なんでか?????

細かい理由は徐々に徐々に書きます。
書くことなくなっちゃうかも知れないし。

ということで、今日はこの辺で~。

話変わって、今BS-iでは十津川警部シリーズがやってて、
録画中~。宿主が帰宅したら観ます。
やっぱ、十津川は渡瀬恒彦で、大昔のシリーズはまた
脂ぎっててエロエロの十津川が観られるおまけ付。

やっぱ、十津川は渡瀬だよなぁ、高橋英樹はちょっとなぁ。
[PR]
# by mahimahi55 | 2007-10-12 14:54 | 陸の上のタイノエ