人気ブログランキング |

2009年 05月 13日 ( 2 )

他人にはおよそ無関係なトレンド

ふと気づいた新しい楽しみ。

自分にとっては何の関係もないファッショントレンドを探そう!企画。


例えば野球選手のパンツはいつから普通のジャージ風になったのか?

昔はストッキングとかって履いていて、存在意義のいまいちわからないなんかストッキング止めみたいのを履いていたと記憶している。

首のしめ縄もおそらくトレンドだ。

あと、会社で聴いたのだが、工事現場業界では、あのエイみたいな感じのズボンを足首あたりでくしゅくしゅさせるのがトレンドらしい。


ここでまた悪夢を思い出してしまったのだが…。

昨冬、太めの女の子達がムートンブーツを履いているのをよく見かけた。

あの遭遇頻度は、世の中的に認められた事を意味している感じだった。


もし、あのコーディネートにゴー出した方いらっしゃいましたらお申し出ください。


次回は許しませんよ…。


と、言った具合に、業界、もしくは世の中のトレンドには「アリである」と限られた世界でも構わないが、認識される事で広まる。


ちなみに我が市場調査業界におけるファッショントレンドは…。

無いな、多分。

無いことが多分トレンド。

何の統一感も無い人たちが机を並べて働いている。

んまぁ。釣り業界にはありますね確実にトレンドが。いろんな意味で。


でも釣りをしない人にはどうでもいい事だと思いますが。


なんたって釣り人人口たった一千万人ですからね~。
by mahimahi55 | 2009-05-13 20:31

目に見えない死に至る病

たまたま西原理恵子続きなのだが。

彼女の半生を特集したテレビを、週末に横たわって観ていた。

彼女の旦那様は昔アルコール依存症だったらしい。それはそれは酷い暴力も振るっていたらしい。

それを自ら病院に入って克服なさったらしい。

そのことについて、西原女史は「あーこの人は病気だったんだ。病気が彼を壊していたんだ」

と、思ったそう。

アタシが入院していた病院は比較的若い患者さんが多くて、
アルコール依存の方はいらっしゃらなかったけど。

拒食で悩む女の子や、暴力を振るってしまう患者さんもいらした。

でも、みんな病気がさせていること。

このあたりの理解が浸透するのには時間が掛かるかもしれないけど、目に見えない病気と闘うってのも大変なんですよね。

アルコール依存症の生還率は3割に満たないそうで、ガンとも大きく変わらない。

と、あからさまに怪我とわかる包帯ぐるぐるのアタシは思ったわけでした。

確かに痛いことは痛いけど。

端から見てわかるから、なんだか気が楽だ、笑。
by mahimahi55 | 2009-05-13 14:02